SixTONESのデビューを解説【時系列なども】

SixTONESのデビューを解説【時系列なども】

SixTONESのデビューについて徹底解説します。

時系列などの基本的な情報はもちろん、会見時のメンバーの表情も合わせてご紹介します。

また、デビューが遅れたと言われる理由についても調査しました。

SixTONESのデビューまでの時系列まとめ

SixTONESのデビューを解説【時系列なども】

SixTONESのデビュー日、デビュー発表やデビュー会見について、時系列でご紹介します。

SixTONESのデビュー日はいつ?

SixTONESのデビュー日は2020年1月22日です。

SixTONESとSnowMan、2つのグループが同時CDデビューという異例のことでした。

音楽番組だけではなく、バラエティ番組にも2グループ一緒に出演することが多かったので、印象に残っている方も多いのではないでしょうか?

デビュー発表はいつ?どこでされた?

SixTONESのデビュー発表は、2019年8月8日に東京ドームで行われました。

その日は『ジャニーズJr.8・8祭』が開催されていて、SixTONESやSnowManの他にも、総勢330人のジャニーズJr.がいました。

当然、うれしいはずのデビュー発表ですが、SixTONESメンバーの表情が固く、「他のジャニーズJr.もいたから素直に喜べなかったのかな?」とファンの間では話題になりました。

後々、連続ドキュメンタリー『RIDE ON TIME』(フジテレビ)にて田中樹くんが、「上手くいった時の方が戸惑う」と発言していました。

田中くん以外のメンバーも、決して笑顔ではなく、期待と不安が入り混じった表情をしていたことが印象的でした。

たくさん苦労してきたからこその、複雑な表情だったのかもしれませんね。

デビュー会見はいつ?

SixTONESのデビュー会見は『ジャニーズJr.8・8祭』の公演後に、囲み取材という形で行われました。

この会見も、SnowManと合同で開催されました。

会見では

「デビューを聞いた時の気持ちは?」

「これから闘いが始まるぞという気持ち」

「いつどんな風にデビューを聞かされたのか?」

「6月28日にジャニーさんの病室で」

など、ファンが気になっていた内容が、記者の方から質問されました。

2グループ総勢15人で行われた会見でしたが、SixTONESSnowManの仲の良さが感じられるやり取りも多く、笑いの絶えない会見となりました。

SixTONESのデビューが遅れたと言われる理由

SixTONESのデビューを解説【時系列なども】
SixTONESはよく「もっと早くデビューできたのでは?」「デビューが遅れたのでは?」と言われています。

それは一部のファンの間で、「時系列がおかしい」「SnowManと同時にするためにデビューが遅れた」と言われていることが理由でした。

不自然な時系列について、いくつかご紹介します。

2019年5月 

秩父にて『YouTubeチャンネルのロケをしていた』という目撃情報が出る。

2019年8月

秩父でロケをしていたのは「6月」とメンバーが発言。

この時、「単独のYouTubeチャンネルができることを聞かされていた」と話していましたが、『目撃情報から、実際には5月の出来事なのではないか』という疑惑が浮上しました。

デビュー会見であったように、6月28日にジャニーさんの病室でデビューをすることを伝えられたのであれば、時系列がおかしいと言われるのも理解できますね。

他にもアイドル雑誌でジャニーズJr.の厚紙カードに、SnowManメンバーのものはあるのにSixTONESメンバーはなかったことから、「SixTONESが先にデビューが決まっていたのでは?」「SnowManに合わせるために遅れたのでは?」と言われるようになりました。

真相はわからず、あくまでファンの噂にしかすぎませんが、SixTONESのデビューについて「遅れた」「時系列が合わない」と言われていることは事実です。

SixTONESのデビュー曲

SixTONESのデビューを解説【時系列なども】
SixTONESのデビュー曲は『Imitation Rain』です。

この楽曲は、X JAPANのYOSHIKIさんから楽曲提供を受けたことで、とても話題になりました。

デビュー曲はメンバーにとってはもちろん、ファンにとっても特別な曲ですよね。

SixTONESのデビュー曲は『SixTONES VS SnowMan』名義でリリースされました。

『SixTONES VS SnowMan』名義のものは一曲目はSixTONESのデビュー曲である『Imitation Rain』、二曲目はSnowManのデビュー曲である『D.D.』が収録されています。

また、『SnowMan VS SixTONES』名義のものは一曲目が『D.D.』、二曲目が『Imitation Rain』というかたちで収録されました。

SixTONESはデビュー日や結成日に配信をする?

SixTONESのデビューを解説【時系列なども】
ストーンズはYouTubeやInstagramを使って、デビュー日や結成日配信やインスタライブを行います。

記念日をメンバーと一緒にお祝いできるなんて、ファンにとってはうれしいサプライズですね。

ストーンズの主な過去の配信についてまとめました。

  • 2019年10月23日 デビュー日発表ライブ配信(SnowManと合同)
  • 2020年12月8日 緊急生配信
  • 2021年5月1日 結成日カウントダウン生配信
  • 2021年5月31日 6周年記念生配信LIVE
  • 2021年12月24日 生配信しちゃいます!

また、デビュー曲CD購入者向けに企画されていた『ハイタッチ会』ですが、コロナ禍で中止になりました。

その代わりにSixTONESとSnowManが合同で、生配信イベントを行うことが発表されています。

一度日程が決められていましたが、メンバーのコロナ感染により延期になっています。

開催される日を楽しみに待ちましょう。

SixTONESデビューから666日のお祝いは?

SixTONESのデビューを解説【時系列なども】
SixTONESというグループ名には『6つの音色・原石』という意味が込められていて、メンバーもファンも6という数字を大切にしています。

デビューから666日にあたる、2021年11月17日には、ファンがSNS上で『デビューから666日おめでとう!いつもありがとう!』と『666日』にちなんだお祝いコメントが多くされました。

メンバーも記念日に配信でファンに感謝を伝えてくれているように、ファンも感謝を伝えていることがわかります。

まとめ

SixTONESのデビューを解説【時系列なども】
現在たくさんの素晴らしい楽曲を届けてくれているSixTONES。

デビューについて、遅れたと言う声もありますが、ストーンズもスノーマンも大人気ですね。

節目の記念日にファンに感謝の気持ちを配信で伝えてくれる彼らに、ファンからはデビュー666日にSNS上でお祝いが相次いだことがわかりました。

パフォーマンスと普段のギャップがファンを虜にしているSixTONESに、これからも注目していきましょう。